2022年3月

中学受験
学びスタジオブログ
読書習慣は中学受験の土台を固める

読書習慣は中学受験の土台を固める
読書が好きになことが、読む力を育てる近道です。
読書をしたら、本の内容について子どもと話し合い、子どもの意見に、魔法の言葉「なぜ、そう思うの?」と問いかけましょう。
そうしたら、一つのことにより深く考えられるようになります。
読書習慣が、中学受験に必要な読む力と考える力の土台を固めます。

続きを読む
子育て
学びスタジオブログ
朝食と睡眠と運動を適度にしないと、学力に悪影響

朝食と睡眠と運動を適度にしないと、学力に悪影響
脳を健康に発達させ、学習効果を上げて、能力を高めるためには、"朝食"でエネルギーを"睡眠""運動"で、学習能力に深い関係のあり、成長し続ける海馬を活性化させることがポイントです。

続きを読む
子育て
学びスタジオブログ
文字に対する抵抗をなくす”素読”

文字に対する抵抗をなくす”素読”
素読はただ文字を読むことです。
素読が好きになると文字に対する抵抗がなくなります。
素読を続けると、知らない文字をどんどん吸収し、国語力がアップします。

続きを読む
子育て
学びスタジオブログ
音読は”おうむ返し”、作文は"時"を限定して

音読は”おうむ返し”、作文は"時"を限定して
読むこと、書くことが好きになると、子どもたちは、いろいろな言葉を聞き、いろいろな本を読み、聞いたこと読んだことを考えて、それについて自分の思ったことを言葉で表現ができるようになります。
生きるために必要で大切な力、思考力・表現力を自然と身につけるようになります。

続きを読む
中学受験
学びスタジオブログ
試行錯誤が、子どもの可能性を拡げる

試行錯誤が相乗効果をもたらす
中学受験の算数の文章問題には、試行錯誤する要素がいっぱい詰まっています。

それをを解く子どもたちは、
文章を理解することから始まり、次に、試行錯誤しながら、問題に向き合うことになります。
見通しを立て、答えが出るまで粘り強く試行錯誤します。
試行錯誤して問題を考えた結果、正しい答えを導き出せる場合もあれば、導き出せない場合もあると思います。
例え、正しい答えが導き出せなくても、考える力は、確実についていきます。
この"試行錯誤"して学ぶ姿勢の中に、
子どものたくさんの可能性が詰まっています。

続きを読む
子育て
学びスタジオブログ
子どもに"幸せ感"を教えよう

"幸せ感"はパワフル
例え根拠がなくても、自信を持ち、
楽観的で、パワフルにパフォーマンスができる人は、今を楽しく生きることができます。
その源が"幸せ感"です。
一緒に過ごし、何でもいいので夢中になれる時間を持ち、笑顔でいることが、"幸せ感"を育てます。

続きを読む
中学受験
学びスタジオブログ
こんなテーマが中学入試で出題される

こんなテーマが中学入試で出題される
中学受験で出題されるテーマは、
今を生きる人びとの苦悩についての物語
現在社会が抱えている問題についての説明文
問題解決と未来への展望についての論説文……
5年以内に刊行された書物の中からの出題が7割を占めています。
与えられたテーマについて、関心を持って、自ら進んで深く考えることができる力が求められています。

続きを読む
中学受験
学びスタジオブログ
ガマンを育てよう

ガマンを育てよう
まずは親のガマンから、子どもをゆっくり見守り、子どもの思いを大切に、子どもを信じよう。
そしたら、子どものガマンが育ちます。
ガマンはガマンでなく、成長へと身を結びます。

続きを読む
子育て
「いい子だね」で頑張り、「うれしいよ」で心の栄養補給 

「いい子だね」で頑張り、「うれしいよ」で心の栄養補給
子どもは、「いい子」と褒められるとうれしいです。
もっと「いい子」と褒められたいから無理をします。
そんな時、親の気持ち「うれしいよ」…を伝えましょう。
子どもの心がリフレッシュし、また、頑張る気持ちが湧き上がってくると思います。
その「よくなろう」と無理をすることが、子どもの成長につながる。

続きを読む
子育て
学びスタジオブログ
失敗はたくさんのチャンスを与えてくれる

失敗はチャンス
子どもがどこで失敗しているかをよく観察し、その部分だけを手助けして、成功に導いてあげると、失敗が、成功に変わっていきます。
そんな体験の繰り返しが親子の信頼関係を強め、"失敗から学ぶ"という心の余裕を育てていきます。

続きを読む