「いい子だね」で頑張り、「うれしいよ」で心の栄養補給 

こんにちは、学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、いい子について書きます。

❤︎「いい子だね」と褒める

「あなたは、いい子よ」
とお母さんが子どもを褒めます。

褒められると、
子どもはうれしくなり、
いい子になろうと努力します。

❤︎「いい子だね」と評価

子どもが〝いい行動〞をしたとき、
「いい子だね!」褒めるのは、
子どもを評価することになるのかもしれません。

❤︎子どもは親に褒められたい

でも、
子どもば親にいい評価をされたいんです。

親にとっての特別な存在であり続けたいと思っています。

❤︎いい子になろうと背伸びする

いい子と言われるのが嬉しくて、

ひょっとすると、
子どもは無理にいい子になろうと
背伸びし過ぎるかもしれません。

親の期待に応えたくて、
ウソをつくかもしれません。

そんな時、
❤︎「お母さん、とってもうれしいよ」

と自分の気持ちを伝えると、
無理した心の不安定さと親の気持ちからの心の安定が
心のバランスをとり、
ちょうどよい成長をもたらします。

❤︎たとえは、

お友だちにおもちゃを譲ってあげていたら、
「友だちに優しくできたね。」
そして、
「ママはとってもうれしいよ」
と言いましょう。

❤︎悪い評価はせず、親の気持ちを伝える

もし、子どもが野菜を床に落としたら、

「ワガママはやめなさい! ダメな子!」
と〝悪い評価〞をしてはいけません。

「あーあ、農家の人が一生懸命つくってくれた野菜を落としちゃった。お母さん、悲しいなあ」
と親の気持ちを伝えます。

❤︎まとめ。「いい子だね」で頑張り、「うれしいよ」で心の栄養補給

子どもは、
「いい子」と褒められるとうれしいです。
もっと「いい子」と褒められたいから無理をします。
無理をすると
「いい子」になることに疲れてしまいます。
そんな時、
親の気持ち「うれしいよ」…を伝えましょう。
子どもの心がリフレッシュし、また、頑張る気持ちが湧き上がってくると思います。

その「よくなろう」と無理をすることが、
子どもの成長につながることではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。