"調べる習慣"は、読書習慣の入り口

こんにちは、学びスタジオの奥川えつひろです。

 

子どもに読書習慣をつけさせたいですね。

 

しかし、

読書習慣のない子に、

「この本を読みなさい」と言って強制すると、

非常に強く抵抗し、読書嫌いになることにもなりかねません。

 

❤︎読書習慣の前に"調べる習慣"

 

文章に興味のない子にとって、読書はハードルが高いのです。

そこで、"調べる習慣"です。

 

わからないことがあったら、調べる癖をつけることです。

 

決して親が手とり足とりやってはいけません。自分でやらせます(子どもが小さくて自分で調べられないときは、一緒に調べます)。

 

後で、

「どうだった、お母さんわからないから、教えてちょうだい」

と言って、子どもに説明させる方法です。

 

❤︎調べ方

 

現代では、情報はインターネットで簡単に手に入ります。しかも画像や動画もすぐに調べられます。

 

一昔前のように紙の辞書や百科事典で調べたり、図書館へ行ったりする必要もなく、

その場で瞬間的に調べることができます。それを利用します。

 

❤︎知りたいと思った時に調べる

 

知りたいという心理状態はそれほど長くは続きません。

 

ですから、

すぐに調べられるインターネットを使います。

 

そうすると、子どもは写真や動画、さらに文章で書かれた活字を“読む”ことになります。

 

そこで好奇心がさらに出てくれば、

図書館や本屋へ行って興味対象の本を見るようになります。

 

❤︎日常の中に好奇心が転がっている

 

子どもは小さいときから

「なんで?」「どうして?」という質問をします。

 

子ども心にも、疑問がたくさんあり、それを知りたいという好奇心があります。

 

しかし、

その疑問が満たされないままだと、

やがて子どもは「聞いても仕方がない」

と思うようになります。

 

❤︎好奇心を引き出す

 

物事(結果)には背景があり、理由(原因)があります。

それは時に、非常に人の心(好奇心)を動かすことであったりします。

 

日常生活の中にも、あちらこちらに“好奇心の種”が転がっています。

子どもの周囲にもたくさんあります。

 

だから、

「知りたいな」という好奇心が出てきたら、

すぐに調べ、好奇心を満たすことが大切です。

 

❤︎調べるのが好きになる

 

子どもは、知りたいことですから、喜々としてやると思います。

 

そして、子どもは調べもの好きになり、

探究心が芽生え、

やがて自分の興味関心以外の対象に対しても、輪を広げていくようになっていきます。

 

❤︎まとめ。「調べてみよう!」

 

子どもの知りたいに、

「なぜだろうね。どうしてだようね。」

次に、

「調べてみよう!」

という段階まで引き出してあげましょう。

 

自分で調べることで、

好奇心が満たされれば、

調べることが楽しくなり、

 

"調べる習慣"が身につけば、

それ調べるの延長が、読書の入り口になります。

そして、

読解力や学力もドンドン身についてくると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。