今年(2024年)は、私の畑の隣にある田のオーナさんから、米作りを一緒にしないかとのお誘いをいただき、お米作りにチャレンジします。

そこでお米作りの1年間の作業を記録しようとおもいます。

3月15日~ 集水作業

田の四隅(排水口がある部分)の土をスコップとジョウゴで掘り起こしました。
この部分を低くして水か集まるようにします。
そうすることで、排水口の開閉で、田の水分をコントロールできるようになります。

4月6日・12日 畦の草刈り

畦の草刈りをしました(4/6)。

畔の草刈りをしました(4/12)。

4月14日 百々池溝掘出会い

田の水を引いている百々池堤の除草と水路の清掃を行いました。

4月16日 畦塗り

トラクターで畦塗りをしていただきました。アゼ塗りは、ネズミ・モグラ・雑草の根などによってできたアゼの穴やひび割れをふさいで水漏れを防止し、今後の田植えや除草作業を行いやすくします。

4月16日 尻水戸の整備

尻水戸は、田に水を貯めたり、排水する最も大切な水の戸です。

この尻水戸の周りの草刈り、溜まった土を取り除きました。
また、尻水戸の前に、肥料袋の中に土を入れた土のうを置きまし。

4月18日 畔の草刈り

畔の際の部分の草刈りをしました。

4月19日 水路の整備

水路にたまった落ち葉・草・土を取り除きました。

4月20日 田起こし

田起こしは、土を乾かし、空気を混ぜ、均平な圃場にするための作業です。
また、肥料やわらを混ぜ込み、地面に残った雑草の種などを地中に沈める効果もあります。

代かき①荒代(あらしろ)

代かきは、田起こしの後、圃場に水を入れ、土を砕きながら、平らにならしていく作業です。
最初に行う代かきを、荒代と言います。

代かき②植代(うえしろ)

荒代が終わったら、仕上げとなる植代を行います。
さらに土を細かく砕きながら、均平化し、田植えに最適な環境を整えます。

お問い合わせ

学びスタジオへのご相談、ご質問等お気軽にお問い合わせください