誇りが、努力を育て、感謝に

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、誇りについて書きます。

❤︎親の学歴とは関係ないと考える方がいい

学力は遺伝する

とも

学力は遺伝しない

とも

証明されていません。

だから、

学力を遺伝の影響を重視する考え方は、

”努力をする”と真逆で有害だと思います。

❤︎努力を大切にする

例え優秀な親の遺伝子を

受け継いだからといって、

やはり努力しなければ

才能をつぶしてしまうだけです。

遺伝子よりも努力が大事であり、

努力しだいで学力を伸ばすことができる、

と信じさせる言葉かけをしてあげましょう。

❤︎「自分はバカだ」

もし、子どもが「自分はバカだ」と思ったなら、

その時点で、

それ以上勉強する意欲を失います。

❤︎多少の嘘も方便、家系に誇りを持たせる

遺伝の関連性はわからないものの、

子どもに自信を持たせる方法の一つとして、

自分の家系に誇りを持たせることは大切です。

多少オーバー気味に

「うちの先祖にはこんなに偉い人がいた」
「うちは勉強ができる家系だよ」
「同じ血が流れているんだから、あなたも賢いはずだ」

❤︎家系に誇りを持つと、努力できる

子どもにとっても「自分はどこから来たか」は、

大きな関心ごとです。

だから、

家系に誇りを持てることは、

「わたしもあの人のようにりっぱになりたい」

と大きな目標を持つきっかけになります。

「ぼくももっとできるはずだ」

と失敗に折れず、向上心を持ち続ける支えになります。

つまり、努力を惜しまない強い行動がとれます。

❤︎努力をし続けると、感謝の気持ちに変わる

そして、

努力をし続けると、

家系に誇りを持ち努力できたことに対して、

感謝の気持ちを抱けるようになります。

感謝の気持ちが育てば、

周りのことを考える余裕ができるようになり、

人間性が幅が拡がっていきます。

❤︎まとめ。誇りが努力を育てる。

学力と遺伝の関連は証明されていません。

しかし、

家系に誇りを持つことは、

高い目標を持ち、

向上心を持ち続ける支えになります。

このように努力を続けていくと、

家系への誇りが

家系への感謝に変わり、

強さと優しさを持った人へと成長できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。