"好き”を"得意"に、そして一流に

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、得意と好きについて書きます。

❤︎"好き”と“得意”はどんな状態

“好き”とは、
ずっとやっていても飽きないこと、
自分の心が高まることです。

“得意”とは、
センスがあること、
それほど練習しなくてもできてしまうことです。

❤︎"好き”な分野と“得意”な分野が違う

"好き”な分野と“得意”な分野が違うことは、
よくあります。

❶“得意”であるため、“好き”になった

“得意”であると自己肯定感が上がり、
自分に自信がつくため、
“好き”になる可能性は高まります。

❷“得意”だけれども、“好き”にはならなかった

“得意”である場合、
比較的簡単でできるので、
すぐに満足するレベルに到達してしまい、
飽きてしまいます。

すると、
その“得意”分野では一定レベルで終わってしまいます。

もし満足せずにより高いゴールを設定すれば、
伸びていきます。

本人が“簡単にできてしまったこと”をどう捉えるかによります。

❸“好き”であるため、“得意”になった

“好き”であるからそれを継続します。

やがて、
その継続が力になって“得意”になっていく場合です。

❹“好き”だけれども、“得意”にはならなかった

やっている方法が正しくないか、
上達しなくても楽しければいいと思っている場合です。

❤︎"得意”よりも“好き”を優先する理由

"得意”よりも“好き”を優先べきだと思います。

その理由は、

❶好きなことは、続く

好きなことは、
人から言われなくても自然に行え、
没頭でき、
継続できる可能性が高いです。

すると、
継続が力なり、
やがて結果を出していく可能性がぐっと上がります。

❷好きなことをやっているときは、他者との比較をしない

好きなことを追求しているときは、
没頭しているため、
周囲は気にしませんから、
そもそも比較のしようがありません。

この2つは、
生きる上で、
大切なことです。

❤︎他人と比較するということは、非常に厄介

他人と比較をして、
自分が優っている場合は、
油断を生みます。

逆に、
劣っている場合は劣等感が膨らみ、
自己肯定感が下がり、
自分に限界を作るというさらに厄介なことが起こります。

他人との比較は意味がないことが多いです。

だから、
“好き”なことを追求していくと、
そのプロセスには比較が存在しにくいため、
周囲に惑わされずに、
いつの間にか"得意"に、
"得意"がさらに磨かれ、
そして一流になっていくことでしょう。

❤︎学びの中で、子どもが面白い“好き”というものを伸ばしてほしい

受験や成績で他人と比較されがちですが、
子どもたちが、
いろいろな科目を学び、
経験をして、
いろいろな知識や技能を身につけ、
まず、
これは面白い“好き”を見つけてほしいと思います。

そして、
“好き”を“得意”に“一流”に育てていってほしいと思います!

❤︎まとめ。"好き”を"得意"に、そして一流に

たくさんの体験や勉強をして、
本当の"好き"を見つけ、
"好き"なことは、
周りを気にすることなく、
つづけることができ、
やがて、"得意"になっていきます。
さらに、"得意"がみがかれ、
いつの間にか、"一流"になっています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。