算数

算数
学びスタジオブログ
「すべて」と「ある」の言葉のあいまいさが数学でつまずく原因になる

「すべて」と「ある」の言葉のあいまいさが数学でつまずく原因になる
英語のallとsomeを意識するように「すべての〜」と「ある〜」について
いろいろな例を使ってその違いをしっかり浸透させることが大切でです。
言葉をあいまいにしないことが、数学のつまずきを防ぎ、物事の正確な理解につながります。

続きを読む
算数
学びスタジオブログ
"変わり方"の体験が、関数へ、創造へ

"変わり方"の体験が、関数へ、創造へ
"苺を食べると数は減る"この体験が
関係性を実感することになります。
数量関係を表すたくさんの言葉を知り、数の変わり方を実体験や疑似体験が、関数を理解し、関係性を見い出す創造力を育みます。

続きを読む
算数
学びスタジオブログ
算数力は"カキクケコ"

算数力は'カキクケコ"
子どものわざわざ発する「なぜ?」を大切に!
カ ー 関係を見つけ
キ ー きまりを見つけ
ク ー 区分を見つけ
ケ ー 見解を推しばかり
コ ー 根拠を考える
算数力を育んでいきます!

続きを読む
中学受験
計算力
小学生低学年の計算力は、大学受験に必須!

”東大生のアンケート”でやってよかった習い事の第一位が”そろばん”
2012年のプレジデントファミリーの”東大生のアンケート”でやってよかった習い事の第一位が”そろばん”でした。そろばんは、そろばんの珠のイメージで計算します。イメージ脳である右脳を使って計算することから、計算力を磨き、数の感覚を増やすのにより大きな効果を発揮するのだと思います。

続きを読む
算数
図形のセンスは小学校低学年までに

こんにちは、学びスタジオの奥川えつひろです。   図形のセンス。 物体をイメージしていろいろな角度から見ることができる力、 物体をイメージの中でバラバラに分解したり、 逆に組み立てたりする力を “空間認識能力” […]

続きを読む
算数
図形が得意になる「補助線が見える」

こんにちは、学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。ご訪問いただき、ありがとうございます。 図形の問題は、「補助線を引ければ解けたようなものだ」と言われます。どうしたらそんな補助線を引けるようになるのでしょうか? ❤︎図 […]

続きを読む