"変わり方"の体験が、関数へ、創造へ

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、変化と関数について書きます。

❤︎お皿の上の苺

皿の上に苺がいっぱい盛りつけてあります。
大きさもいろいろです。
みんなで食べると、
皿の上の苺が減っていきます。
子どもは、
「食べると苺はだんだん減るね」
と言いました。

❤︎"変化"から"関係"に気づく

ひとつの"変化"に気づくと、
その"変化"の要因となる
もうひとつの"変化"に気づき、
2つの伴って変わる"関係"に気づいていきます。

皿の上の苺も、
その"関係"の気づきのひとつです。

❤︎苺、みかん、りんご…いろいろな体験が"関係"の言葉に

子どもはまだ、
「苺を食べ『れば」皿にある苺の数は減る。」
という明確な言葉では表現できませんが、

「たら」「れば」「たびに」「つれて」
を用いた"関係"気づきの言葉は、
不完全な形で
頻繁に子どもたちの言葉のなかにあります。

❤︎ "関係"をさらに詳しくする"変わり方"

関係をさらに深くとらえる
"変わり方"への気づきが、
"関数の考え"につながります。

先ほどの例でいえば、
食べる個数が"増えるぶん減る"
という"変わり方"に気づくことです。

❤︎「れば」と「ぶん」

「れば」という言葉を使い、
伴って変わる2つの変化に気づいた段階から、
さらに関係を詳しく、
"増える「ぶん」減る"といった
".変わり方"に気づき始めてくるのです。

❤︎親の言葉のサポート

しかし、
この"変われば変わる"といった"関係"気づきから、
その"変わり方".へと関係を深める気づきは、
親の言葉のサポートを必要とします。

❤︎"変わり方"のいろいろな言葉

変わり方を表現する言葉は、
数量関係を表現します。

「〜ぶん」
「半分」
「倍」
「わりに」
「差」
「比例」……
といった算数的な用語だけでなく、
「ゆるやかに」
「急に」
「徐々に」
「うなぎのぼり」
「急降下」
「右肩上がり」……。

日本語として生活のなかにたくさんあります。

❤︎子どもの言葉に、リアクション

子どもが、
「食べるとみかんはだんだん減るね」など、
変化する"関係"の気づきをしたときは、
"変わり方"のいろいろな言葉を使って
リアクションしてあげましょう。

子どもは、
"変わり方"の言葉を覚え、
"変わり方"に気づきます。

❤︎"変わり方"の言葉から、関数・創造力に

そして、
その"変わり方"に気づくことの繰り返しが、
関数の考えにつながります。

さらに、
関数の考えが、
新しい関係性を見い出す創造力にもつながっていきます。

❤︎まとめ。"変わり方"の体験が、関数へ、創造へ

"苺を食べると数は減る"
この体験が
関係性を実感することになります。
数量関係を表すたくさんの言葉を知り、
数の変わり方を実体験や疑似体験が、
関数を理解し、
関係性を見い出す創造力を育みます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。