畑で子どもに自給力を②〜雑草は根から抜かない

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

学びスタジオブログ

今回は、雑草について書きます。

❤︎草を抜いたらいけない理由

草を抜いてしまうと、

土壌の肥沃度が下がります。

抜き続けると、
痩せた土になっていき、

野菜の生育がしにくい土になっていきます。

なので,抜くよりも成長点から刈っていった方が良いんですね.

❤︎根っこのメリット

土の中に根っこが残ることによる一番大きなメリットは、

バイオマスです。

バイオマスとは、

動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源(化石燃料を除く)のことです。

根っこ周辺に微生物が集まり、

この微生物が起点となって、

土が豊かになります。

❤︎微生物が集まる仕組み

根っこ周辺には、

微生物が集まります。

この周辺のことを根圏(こんけん)といいます。

植物というのは、

根っこから有機物などの分泌物を出します。

植物は、全光合成の固定炭素の5%~21%を代謝として、分泌物として排出してます。

具体的には、

有機酸・アミノ酸・糖などの低分子、

酵素・高分子の粘液物質

などを出してます。

このような物質を出し、

微生物と共生しています。

❤︎土の形成

土は、

植物の有機物と微生物の働きによって形成されていきます。

団粒は、

土壌粒子、腐植、植物の破片、陽イオンなどが結びついたものです。

腐植とは、

動植物の遺体が微生物によって分解され、その過程でできた有機化合物です。

地上部が刈り取られて、

地中に残った根っこは、

枯れた後,分解されていく過程も,

土作りにプラスに働きます。

土の一部へと変形していきます。

❤︎いい土とは

いい土というのは、

固相:液相:気相が4:3:3の土です。

土の中に、

空気が入り込むの層や水が通る層などが、

4:3:3ほどある土が

植物や野菜の生育には良い土です。

通気性や排水性、

水はけや水もちも良くなります。

根っこが枯れると、空間ができ、

いい土に貢献します。

土がふかふかになります。

❤︎根っこを抜いてしまうと

根っこを全部抜いてしまうと、

バイオマス(生物の量)の総量が減るので、

それが原因で、

土がカチカチになります。

土が硬いと、

いろんな植物は根っこを張れないので、

イネ科の雑草がはびこるということになります。

そして、

野菜の生育は難しい土になります。

❤︎まとめ。雑草は根から抜かない

野菜を育てるために

雑草を根っこから抜いてしまうと、

逆に野菜が育ちくいカチカチの土になり、

耕す必要があります。

雑草の根を残しておくと、根に微生物が集まり、

土を耕して、フカフカな肥沃な土にしてくれます。

自然の力はすごいです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。