読書好きになるレシピ

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、読書について書きます。

❤︎読者を楽しめるようになってほしい

将来、

子どもに、

本格的な小説を楽しむ少年少女に

育ってほしいですね。

しかし、

時期がきたら読めるようになるかというと、

なかなかそうはなりません。

❤︎読書にが好きになる順番

❶絵本の世界を楽しむ

言葉を聴いてイメージを描けない幼児のために、

質の高い絵のついた絵本をたっぷり読み聞かせます。

絵を見て、

言葉を聞いて、

楽しみます。

❷幼年童話の世界を楽しむ

幼年童話は、

絵が多く、

文字が大きく、

文章が長過ぎないのが特徴です。

まだまだ、

読み聞かせをして、

楽しみます。

言葉を聞いてイメージすることがだんだんとできるようになります。

❸童話の世界へ

童話は、

文章を重視し、

絵は挿絵など補助的に描かれています。

童話を聞いたり、

読んだりすることで、

話の内容が理解てきるようになり、

楽しめるようになる。

❤︎読んでもらって楽しむ、自分で読んで楽しむ

読んでもらって楽しむことのできる年齢と、

自分で読んで楽しむことのできる年齢に差があります。

「おおきなかぶ」という物語は、

読んでもらうと、

2~3歳でも充分楽しめますが、

自分で読むとなると、

小学1年生の教科書に出てきますので

6歳になってから楽しめることになります。

❤︎読むことは、聞くことを十分に体験してから、自発的に起こる

内容を理解できなければ、

楽しむことができません。

だから、

読み聞かせを十分にしてあげましょう。

そして、

自分から自発的に読み始めたら、

読むことのスタートになります。

❤︎子どもは読書を楽しめる能力を持っている

子どもは、

誰でも潜在的に読書が楽しめる能力をもって生まれてきます。

その能力をスムーズに芽生えさせ、

育て、

花開かせていくのは、

親・大人の役目です。

幼年童話を

子どもと一緒にめくりながら読み聞かせ、

優れた絵本にたくさん出会わせてあげた後は、

本格的なファンタジーを楽しめる"名作童話"の世界へ連れていってあげて下さい。

100年以上にわたり読み継がれてきた名作を

子ども達とぜひ出会わせてあげたいですね。

幼年童話を体験した子どもは、

好奇心と空想力が発達し、

本そのもののおもしろさを実感できるようになるでしょう。

❤︎まとめ。読書好きになるレシピ

子どもは、

ともとも読書を楽しむ能力を持っています。

絵本、児童童話の楽しい世界へ

親の優しい読み聞かせで誘ってあげれば、

ある時、自発的に読み始めます。

そして、

名作童話や小説のファンタジーの世界に夢中になっていくでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。