赤ちゃんの体験がコミュニケーションの原点

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回も、コミュニケーションについて書きます。

❤︎外交的な子どもと内向的な子ども

自分の意見をズバッと言える子どもと

恥ずかしくて言えない子ども

これは、その子の性格によるのでしょうか。

私は、赤ちゃんの時の体験が大きく作用すると思います。

❤︎赤ちゃんがコミュニケーションの出発点

赤ちゃんは、

泣けばおむつを替えてもらえる、

あやしてもらえる……

自分が発信すると何かしてもらえる、

という経験を繰り返すことで、

"声を出すことには意味がある”

と学んでいきます。

応答を繰り返すなかで、

コミュニケーションが楽しくなり、

ことばを覚える意欲にもつながっていきます。

❤︎赤ちゃんが声を出したとき、まねをして返す

赤ちゃんに「声を出すことには意味があるんだよ」と教えてあげます。

そのために、

赤ちゃんが声を出したときに、

その声をまねて返してあげましょう

こうしたやりとりから、

赤ちゃんは、

声を出すことがコミュニケーションになるのだ、

とだんだん理解していきます。

❤︎期待通りに反応してあげる

赤ちゃんは、

自分が「いないいないばあ」をすれば、

相手から反応を期待します。

だから、

赤ちゃんの期待通りに反応してあげることがとても大事です。

期待通りにいかないと、ムッとしてしまうこともあります。

❤︎子どもは繰り返しが好き

また、

子どもは、

同じことの繰り返しがものすごく好きです。

何度も「いないいないばあ」をしてくることもあるでしょう。

その繰り返しの中で、

頭の中の働きが確実なものになっていきます。

❤︎目を見て、ゆったりしたリズムで、できるだけ静かなところで話す

赤ちゃんの目を見て、

少し高い声で言ってみてください。

そうすると.

赤ちゃんはこちらをずっと見てくれます。

同じことばを、

同じ調子で繰り返してあげるのも、

赤ちゃんの安心感につながります。

❤︎「この人に伝えたら、聞きてくれる」体験

「おはよう。おはよう。いいお天気だねえ」……

そんなゆったりしたリズムが、

赤ちゃんにとって聞き心地もよく、

「ああ、わかり合えた」という時間になります。

赤ちゃんが「この人に何かを伝えたら、

待ってくれる、聞いてくれる」と感じるリズムになるように、意識してみてください。

❤︎「伝えたい」という気持ちを育てるために

そして、もう少し大きくなり、

子どもが夢中になって何かをしているとき、

そばにいるだけでも十分です。

子どもは、

親が寄り添ってくれることで、

「自分がしていることを認めてくれている、

興味を持ってくれている」と感じて、

うれしい気持ちになります。

子どもが振り返ったり、

手をつかんできたりすることがあれば、

そのタイミングでしっかり応えてあげます。

❤︎「伝えたい」という気持ちを大切に

子どもはいろいろなものに興味を示します。

そのそれぞれにおいて、

それを「伝えたい」という気持ちを大切にしてあげれば、

コミュニケーションがドンドン育ってきます。

❤︎まとめ。赤ちゃんの体験がコミュニケーションの原点

赤ちゃんが「アー」と言うと

何かしてもらえる

ということをたくさん体験すると

"声を出すことには意味がある”

と学んでいきます。

コミュニケーションをとりたい気持ちがすくすく育ていきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。