"愛されて育つ"という強さ

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、強さについて書きます。

❤︎算数は得意なはずの子ども

子どもが得意でつまずいてしまったとき、

親自身に焦りが生じ、

ついつい叱責口調になってしまいます。

これでは、

自信を回復させるのは非常に難しいです。

❤︎子どもが勉強嫌いになるのは

子どもが勉強が嫌いになるのは、

勉強そのものが難しくて手も足も出ない。

というよりも、

自分自身に価値があると思えなくなっている

という心の問題だ大ききです。

❤︎自分に価値がないと思えば

子どもは、

自分には価値がないと思ってしまうと、

算数で少し壁にぶつかったとき、

頑張れば出来るとしても、

"算数に向き合わないという決心"を

してしまいやすいです。

❤︎子どもに"自分は価値がある"と思うこと

親として優先すべきは、

まず子ども自身に価値があると

思わせることです。

❤︎親から愛されていると実感すること

「自分は生きている価値がある人間だ」

という明確な自信の裏づけとなるのは、

親から愛されているという実感です。

❤︎子どもへの愛し方、言葉、表情、体で表現

心で思っているだけでは、

子どもに伝わりません。

子どものわかるように表現することです。

大切に思っていることを

しっかりと言葉や表情で表わしましょう。

また、ハグするなど、

体で表すことも大切です。

❤︎愛されて育った子ども

親に愛されている

大事に思われている

と実感している子どもは、

親を泣かせるようなことをしてはいけない、

親を喜ばせるようなことをしたい

という意識を持つようになります。

つまり、

自信を持って勉強に取り組むだけでなく、

世の中で生き抜いていこうと努力できるようになります。

❤︎まとめ。"愛されて育つ"という強さ

勉強が嫌いになる原因は、

難しくて手も足も出ないからというより、

自分に自信が持てないからです。

親から愛されて育つと、

子どもは自信を持ち、

勉強に自ら取り組み努力ができる強さを持つことができます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。