質問する力を育む「今日何を質問した?」

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、質問について書きます。

❤︎「今日は何を質問したの?」

学校から帰ってきた子どもに
「今日は何を勉強したの?」と聞かず、
「今日は何を質問したの?」と尋ねましょう。

❤︎子どもが疑問点を意識する

この聞き方は、
学校で先生の話をただ聞いていればいいのでなく、

子どもが疑問点を意識して、
自ら疑問を抱き、
探求していく、
能動的な学習態度を育てます。

❤︎子どもから発信する言葉が大切

「教えて」
と子どもに言葉を投げかけます。

そうすると、
子どもは得意げに、
見たり、聞いたり、勉強したことを
自ら発信してくれます。

❤︎子どもの言葉を聞く時間を持つ

親は聞き役です。
たまに、
子どもが言葉につまったら、
さりげなくサポートするぐらいです。

❤︎発信することです、理解を深め、まとめる力を

子どもが親の前で、
発信することで、
話す内容を考えます。

自分の考えをまとめ、
深く理解することができます。

❤︎学校の勉強したことを説明する習慣

人に説明するためには、
知識と理解を深めなければなりません。

だから
勉強したことを説明するために、
学校の授業を真剣に受けるようになります。

また、
わからないことがあれば、
迷わず先生に質問するという、
「よい習慣」が身につきます。

❤︎家族で討論をしよう

親の価値観を押しつけるためではなく、
一つの物事について、
人それぞれ、
さまざまな考えがあることを教えるためです。

❤︎自分の考えを主張すること

子どもの頃から
議論慣れさせることで、
自分の考えを主張すること、
自分の意見を曲げないことの大切さを
身につけることができます。

❤︎物事をより深く理解するため

討論は理屈で相手を打ち負かすことが目的ではなく、
物事をよりよくするため、
より理解を深めるためであるんだということを教えます。

❤︎まとめ。質問する力を育む「今日何を質問したの」

学んだことをアクティブに捉えるための質問
「今日何を質問したの」、
子どもの言葉をじっくり聞き、
家族で討論することは、
子どもが疑問点を意識して、
自分の主張を持ち、
意見の多様性を感じ、
能動的な学習態度"質問する力"を育てます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。