AIに頼ると効率的で、問題発見力が弱める?

学びスタジオブログ

こんにちは、学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の奧川えつひろです。

今回は、人間とAIと問題発見力と問題解決力について書きます。

❤︎以前のAI

以前のAIは.

問題と答えを人間の専門家の知識からインプットさせていました。

したがって、

教えていないことはできないという、

能力の限界がありました。

❤︎今のAI

今のAIは、

ディープラーニング技術をベースとしていて、

"問題とビッグデータによる学習"がインプットされてきます。

その膨大なデータから

パターン認識をして最善の答えを導き出すために、

教えていない答えをも導き出すことが可能になりました。

❤︎AIが得意なこと

❶与えられた問題を解く

❷定義の明確な問題を扱う

❸膨大な情報から判断する

❹ルールを守る

❤︎AIが苦手なこと

❶問題そのものを考える

❷定義が不明確な問題を扱う

❸限られた情報から創造する

❹ルールを作り出す

❤︎AIは、"与えられた問題"なら得意

AIに、

「問題を発見しなさい」

という問題が与えたら、

問題を発見することはできます。

❤︎AIは、"自ら能動的に問題を見つける"ことは苦手

しかし、AIは、

「そもそも解くべき問題は何か?」を問いとして発すること

つまり、

自ら能動的に問題を見つけることは苦手です。

❤︎AI時代に人間がすべきこと

今後人間がやるべきことは、

問題が明確に定義できて、

膨大なデータが手に入る領域はAIに任せて、

人間はさらにその上流の、

まだ明示的に語られていない問題を

自ら能動的に見つけていくことが重要になるとされています。

❤︎AIは勉強を効率化する

AIが得意な問題解決は、

勉強に利用されています。

一人一人のお子さんの学力を

AIが判断して、

弱点を見つけ出し、

何を勉強すればよいのか

教えてくれます。

❤︎AIに与えられる勉強

そして、

あまりにもAIに頼りすぎると、

与えられた勉強になりやすく、

しかも、

自分の弱点が何かを教えてくれるので、

自分自身の問題を発見する必要がなくなります。

❤︎子どもは、"ぶつかるもの"

子どもの頃は、

ある意味において、

自己中心に行動することが許されています。

自分中心の行動をして、

何かにぶつかり、

「これはダメなんだ」と実感し、

行動を変えていきます。

❤︎AIは、問題発見力を弱める?

AIに頼り過ぎると

何かにぶつかる体験が

極めて減ります。

そうすると、

問題を発見する力が弱められるかもしれません。

❤︎ まとめ。AIに頼る勉強は効率的で、問題発見力を弱める?

AIは問題解決するのが得意です。

しかし、

全く新しい問題を発見するのは苦手です。

勉強でAIを利用すると

AIが学力を分析し、問題点を発見して、

何をすべきかを一方的に教えてくれるので

効率的な勉強ができます。

ところが

子ども自身の自己分析、問題発見力は弱まります。

だから、

AIに頼り過ぎない勉強が

問題発見力を磨くことになり、

能動的に問題を見つけ出していく力が、

AIをうまく使いこなす力にもなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。