"あるがまま"が一番いい!

学びスタジオブログ

こんにちは、学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、"あるがまま"について書きます。

"あるがままを肯定すると、心が前向きになる"と思いませんか?

❤︎4歳のお子さんとお母さんの会話

4歳の子ども : 「つかれた」

お母さん : 「つかれたね」

4歳の子ども : 「むずかしい」

お母さん : 「むずかしいね」

4歳の子ども : 「できるようになったよ!みてみて!」

お母さん : 「できたね!すごいね!」

4歳の子ども : 「こんなのかんたんだよー!」

お母さん : 「かんたんにできるようになったね!よくがんばったね!」

❤︎おうむ返しは、心から、ゆっくりと

お子さんの言葉を話し終わるまで

口を挟まずにしっかりと聞きます。

そして、おうむ返しで応えます。

"あるがままを肯定"すると、

子どもは、

自然と安心感を持ちます。

そして、

前向きになります。

❤︎子どもが話したくなる大人

大人の目線で、

「あなたたちのことを思ってダメと言ってるのよ」と子どもたちのことを考えて話をするだけでは足りません。

子どもたちの思いを、

子どもと同じ目線で見て、

話に耳を傾け、

「すべてOK!」と

"あるがままを肯定"することが必要です。

そうすれば、

「この大人になら、自分のことを話したい」

と思うようになります。

❤︎もっと聴いてあげる

子どもたちのあるがままを肯定して、

前向きな気持ちで

遊んだり、勉強に取り組んだり、

そして、

子どもたちから、

遊んで楽しかったことや

勉強して学んだことを

しっかりと聞いてあげてください。

さらに、前向きに

遊び、学ぶようになるでしょう。

❤︎愛情表現も、"すべてOK!"から

愛情の溢れる家庭、

愛情を子どもにどのように伝えるか?

愛情表現も、

子どもの「ありのままを肯定する」ことです。

「すべてOK!」と認めてあげることです。

子どもの心に安心と安定があれば、

何事も前向きに行動させ、

可能性を大きく拡げていきます。

❤︎安心できる環境が、"勉強が好きな"子どもを育て、豊かな知性を育む

安心できる環境の中で、

好奇心旺盛なの子どもに

”遊び・学ぶ”材料

例えば、

絵本・おはじき・パズル・積み木…

を与えたら、

それを"知る""作る"ことで、

楽しさや喜びを肌で感じて、

興味がどんどん膨らんでいきます。

自然と"勉強が大好き"な子どもに

育っていきます。

それは、

無理に勉強させられているのではないので、

頭でっかちの子どもにになりません。

当たり前に自分から勉強なので、

豊かな知性を身につけていき、

楽しい人生を歩んでくれることでしょう!

❤︎まとめ。子どもは"あるのまま"が一番いい

子どもは、思ったこと口に出して言います。

この何気ない言葉をしっかり受け止めて、

そして、

おうむ返しで応えてあげましょう。

あるがままに受け入れられた子どもは、

ものごとを

真正面から、

あるがままに、

素直に見ることができるようになります。

ものごとを素直に見ると、

いろいろなことを発見したり、

疑問をもったりします。

発見する毎に、

疑問を持つ度に、

目を輝かせ、

ワクワクしながら、

また、発見したこと・疑問に思ったことを、

"あるがまま"に話してくれるでしょう!

その時は、

おうむ返しを忘れずに!

"あるがままが一番"ですね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。