魔法の言葉「頭のいいから幸せよ」

❤︎「自分は頭がいい」がパワーに

子どもに、
「頭がいい家系に生まれたんだよ」
などと話し続けていると、

それが、たとえ何の根拠もなくても、
子どもは、「私は頭がいいんだ」と
思い込みます。

この思い込みが、
子どもに大きなパワーを与えます。
少々失敗しても「あきらめる必要はないんだ」と考えられるようになります。

❤︎灘中の勉強

子どもが
"頭がいい"
"失敗してもあきらめない“となれば、
灘校の学習はどうでしょうか。

❤︎灘校は、1年間に1000の英単語を覚える

灘校では、中学は義務教育だから、カリキュラムがものすごくやさしくできている。
その通り学習を進めると、
中学で、3年間で1000単語
これに対して、
高校では、3年間に4000〜5000単語も
覚えないといけない、
これではバランスが悪すぎると考えています。

だから、
中高6年間でそれを平均して、1年間に1000単語ずつ覚える、無理のない学習をしています。

❤︎2020年から英単語の習得語彙数が増えた

参考までに、
2020年より、小学校から英単語の習得が課され、覚えないといけない英単語の習得語彙数が変わりました。

小学校は、700語
中学校は、1800語
高校は、2500〜3500語

❤︎灘校の数学

灘中を合格したのだから、
中学校の数学の理解は容易だと思う。
ところが高校になったら、難しくなる。
だから、数Ⅰから数Ⅲまでを高校の3年間でやるのは無理だから、4年かけて高校の内容を学ぶことにします。

つまり
中学校の内容は中1ですべて終わらせ、
中2、中3、高1、高2の4年間で高校の内容をじっくり学ぶ、というわけです。

そして、高3の1年間は大学受験対策に特化します。

❤︎学校教育はアンバランス

英語の単語の量と数学の内容について見てきました。

大学受験を目覚ますお子様には、
今の学校教育の流れで勉強すると、
高校の学習量の多さに、
圧倒されるのではないでしょうか。

その証拠に、
高校生の8割の生徒が数学がわからなくなる
と言われています。

❤︎灘校方式はバランスがいい

その点、
灘校方式は、中高の6年間で、
学習の量や学習の質を考えて、
勉強していきます。

だから、
現役で大学合格を目指すなら
灘方式の学習がバランスがいいのではないでしょうか。

❤︎まとめ

確かに、学校のカリキュラム通りしていたら、
中学校までは理解しやすいですが、
高校で大きな壁が待っています。

灘方式で勉強をやることは、
最初は努力がいるかもしれません。

そんな時、親から、
「あなたは頭がいい」
と魔法の言葉を聞かされ続けていれば、
きっと勉強を乗り越える支えになると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。