四谷大塚の週テストの3つの効果

四谷ジュニア東大阪瓢箪山教室

こんにちは、東大阪市瓢箪山にある個別指導塾 学びスタジオ東大阪瓢箪山教室の塾長の奧川えつひろです。

今回は、四谷大塚の週テストについて書きます。

❤︎週単位で新しい内容を習得

四谷大塚の予習シリーズでは、

子どもたちは一週間単位で

新しい解く技術や

新しい考える論点を学び、

それを使いこなスタジオことが求められます。

週単位学習で習得できなかった技術は"穴"として残りますので、

週単位での学習の定着させ、

週単位での"穴"を作らないこと

それを確認するの週テストです。

❤︎週テストで期待や希望

結果がはっきり出るので、

努力で得点が向上したという実感を持てます。

自分の成長に対して、

希望や期待を持ちながら、

学習を進めている状況が作られます。

週単位の学習のやり方を自分の学び型になり、習慣として継続できるようになります。

❤︎週テストの目的

週テストの内容は、

先週と今週学習した技術・論点を

自由に使いこなすことができているかを問うもです。

"穴"がないかどうかを測る目的でテストが作られています。

また、結果として、

偏差値や順位が出てくるため、

子どもたちも頑張る動機に繋がります。

週間の学習における、

"努力の量や質"が適切かどうかを測るための指標として活用することができます。

❤︎週テストの構成

1 四則計算

2 先週の小問集

3 今週の小問集

4 先週の大問

5〜7 今週の大問

❤︎クラス別のテスト範囲

四谷大塚の4クラスは、

Sクラス 偏差値65〜

Cクラス 偏差値55〜65

Bクラス 偏差値45〜55

Aクラス 偏差値〜45

クラスによって週テストの難易度は違います。

❶A・Bクラスは、

予習シリーズと演習問題集の基本問題までを中心に出題されます。

❷C・Sクラスは、

予習シリーズ・演習問題集・最難関問題集を中心に出題されます。

Cクラスの方が応用・発展問題が1問

Sクラスの方が応用・発展問題が2問

特徴的なことは、

今週の論点や技術を完全に理解していても、先週の内容に"穴"があると60%までしか取れていないことです。

❤︎四谷大塚 週テストのおよその平均点

学年・コース(S・C・B・A)によらず、

おおよそ55-70点が平均になっております。

❤︎週テストの特徴

学年・クラスに関わらず、

予習シリーズと問題集に掲載の問題と数値を変えただけの全く同じ問題が出題されることはありません。

数値替えのテストに慣れてしまい、

解法を理解せず、ただ暗記しているだけで乗り切ろうとする子どもの

学習方法を正すことができる構成になっています。

❤︎丸暗記スタイルで学んでいると、どうなる

もし、

4〜5年生の算数を暗記で乗り切ってしまった場合、

滑り出しは高得点でも徐々に成績が低下し、

6年生の実力の世界では通用しなくなってしまいます。

❤︎まとめ。週テストで正しい学習スタイルと努力が報われる

週テストは、

先週と今週のテスト

同じ内容が2週間にわたり試せ、

学力の"穴"を補う機会を与えてすれます。

また、

週テストは、

数値を変えただけの問題は出ないので、

丸暗記型の勉強では解けず、

"考え理解する"正しい学習スタイルが身につけさせてくれます。

この四谷大塚の週テストは、

本当の学力をつける正しい学習スタイルで、

子どもの努力に寄り添い、

努力に見合った結果を出せるテストです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。