算数の習い方が、数学の好き嫌いを決め、人生の方向性を左右する

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、数学の好き嫌いについて書きます。

算数の習い方次第で、

人生の進路は決まると思いませんか?

❤︎整数の覚え方

「男の子と女の子がたくさんいます。

男の子が多いか?

女の子が多いか?

それとも同数か?

を人数を数えないで答えてください。」

という質問です。

答えは、

男の子と女の子が一人ずつ手をつないでもらえればわかります。

余った方が多く、

余った人がいなければ同数だからです。

❤︎"1対1の対応"

この発想は"1対1の対応"と言われ、

整数の概念が生まれる前は、

トークンと呼ばれる粘土細工によって

物品の管理に用いられていました。

この"1対1の対応"は、

数の概念や

数学の集合の基礎として

重要な働きをしています。

❤︎算数が伸びない

「うちの子どもは、

小学校の入学前から数字をよく覚えていて、

50ぐらいまでスラスラ言えましたが、

それがどうも伸びなくて……」

❤︎間違った整数の習い方

単に「イチ、ニ、サン、シ……」と

鳥のオウムに暗唱させるように習い、

50ぐらいまで言葉を覚ぼえていただけです。

本来ならば、

同じ3ならば、

3人、3枚、3個というものは、

"1対1の対応"を考えて、

3という抽象的な数を理解できる例を

一緒に示す必要があります。

それを省略して

習っていたために、

お子さんは整数に関して、

強い苦手意識をもってしまいました。

❤︎"九九"も同じ

7×4=28の「シチシニジュウハチ」は、

7+7+7+7=28を示した後に、

暗記させるものです。

ところが、

7×4=28のような意味を理解する前に

九九を全部暗唱するように習います。

確かに

"九九"の暗記は大切ですが、

"九九"を導く式の理解を省略して覚えることに問題があります。

❤︎"比と割合"の意味を理解していない

また、

算数の教育で最も重要と考える"比と割合"

すなわち"%"の概念の教育では、

「基準とする対象を1あるいは100%とすると、

比べられる対象はどのくらいになるか」

という理解がまず大切です。

そのような理解を省略して、

それらの関係式の暗記だけの教育が

広まっています。

❤︎暗記だけでは手も足も出ない

暗記だけの学びは、

忘れるのが早く、

一旦忘れると

手も足も出ません。

❤︎意味を知っていると式が作れる

一方、

意味を理解してれば、

公式を忘れたとしても、

自分で式を作れたり、

答を導き出せたりします。

そして、

それが真の数学力、思考力です。

❤︎算数の習い方で将来が決まる

大袈裟かもしれませんが、

子どもの将来の方向は、

保護者を含む小学算数の習い方で決まります。

なぜ、将来の方向かと言うと、

数学は、論理的な思考力を育てます。

そして、そこから、判断力や創造力に発展していくからで、

今、社会で必要とされている能力だからです。

❤︎数学嫌いが生まれる原因

数学嫌いは、

もちろん本人の努力もありますが、

3つの原因があると思います。

❶理解を無視した算数の暗記(パターン)教育による

❷結果にこだわる育て方による

❸「数学は役に立たない」との思い込みよる

また、

具体的の指導としては、

中学数学で、

作図文や証明文の指導も減少しています。

❤︎まとめ。算数の習い方が、数学の好き嫌いを決め、将来の方向性を左右する

算数は理解することが大切です。

暗記やパターン中心の習い方では、本当の思考力が育ちません。

結果にこだわる風潮は、プロセスの楽しさを体験できません。

数学が役に立たないという思い込みは、数学への興味を弱めます。

これでは、

数学がわからなくなり嫌いになるのは当然です。

そして、将来の方向性も狭めてしまいます。

"1対1の対応"から始まる算数の学びを大切にしていきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。