名張の個別

国語
黙読力を身につけよう新着!!

音読の読み方をしっかり指導し、
練習していると、
声を出さなくても、
文章の内容が理解することができるようになってきます。

そして、
黙読をすることができるようになります。

しかし、
それはあくまでも黙読の入り口で、
黙読もトレーニングが必要です。

フラッシュ読み取り
視線を速く動かす練習
はや読み
かたまり読み
目的探し読み……
黙読力は、
入試や、膨大な情報が氾濫する社会を
勝ち抜く力を
子どもに与えてくれます。

音読力と黙読力、
共に大切に育てていきたい力ですね。

続きを読む
国語
音読は子どもの言語感覚を磨く

音読練習を繰り返すと、物語の世界に入り、登場人物になったつもりで物語を感じられるようになります。
音読すると、ことばの組み合わせのすばらしさ、文のつながり具合やリズムのよさに気づきます。
すばらしい文章は、声に出して思いを込めて読んでみたくなります。

続きを読む
子育て
めんどくさい・邪魔くさいに克つ

「めんどくさい」「邪魔くさい」と感じるのは、
やらされると感じるからです。

とにかく始める、
「今から勉強する」と声に出して宣言する、
ハードルの低い「することリスト」を細分化して作る、
友だちと成果を報告し、刺激し合う、

自発的に勉強していると
少しずつ「めんどくさいがりな自分」から卒業できます。

続きを読む
勉強方法
「学ぶ」ことは「真似る」ことから始まる

「学ぶ」は「まねぶ」。

お手本となる人の行動や考え方、
お手本となる解き方をしっかり見て、
自分で分析して、解釈し、
心に刻み込み
そして、
実際に何度も何度も身体や頭を使って繰り返すことです。

続きを読む
勉強方法
「同じ」と「違う」で「わかる」

私たちは、
脳の中で、
好奇心と五感から得られた情報を、
これまでの経験や知識と照らし合わせて、
「同じ」「違う」ということを判断し、
それを組み合わせながら物事を考えています。

つまり、
勉強の基本は、
「同じ」と「違う」を整理整頓して判断することです。

これを意識的にすることで、
脳の働きに沿った勉強ができるようになり、
「わかる」が増えていきます。

続きを読む
中学受験
字を丁寧に書くことは、学力に影響する!

丁寧に字を書くことは、
学力向上につながり、
脳を刺激し、活性化します。

また、
見る人の気持ちを考えて書く
思いやりも育むことができます。

続きを読む
子育て
"少し知っていること"が好奇心に

好奇心の土台は、
日常生活や学校で学ぶ幅広いいろいろ知識です。

この少し知っていることが、
ふとしたきっかけで、
好奇心に火をつける

知識が好奇心の原動力になって、
好奇心がを満たすために、
さらに知識が積み重ね、
その知識が、
新たな好奇心を生む……

この知識と好奇心のサイクルが
生きた知識、わくわくするものを創造します。

続きを読む
勉強方法
定期テストと実力テスト(模試)

「ここはよくわからないから暗記してしまおう」
という勉強は、
定期テストでは効果が出るが、
実力テストでは解けません。

実力テストに効果が出る勉強法は、
理解して暗記する、
科目の全体像を意識する、
理解度を試して振り返ることです。

続きを読む
子どもの成長
図形のセンスを磨き、いろいろな視点を育てる!

日常のお手伝いの中に、
積み木やパズルの中に、
子どもの右脳を鍛える材料はあります。

子どものやる気を高る働きかけ、
形を数量をつなげる工夫が、
図形をイメージする役割を担っている大脳皮質の成長を促します。

そして、
図形のセンスを磨くことで、
いろいろな視点で物事が見れるようになっていきます。

続きを読む
勉強方法
小学生と中学生

小学生は、無我夢中に学ぶ時期です。

好奇心旺盛な小学生に大切なことは、
「勉強の習慣」
「学力の基礎作り」。

中学生は、正しく学ぶ軌道修正の時期です。

思春期の真っただ中の中学生に
大切なことは、
「なぜ」
「自信」
「反省」。

続きを読む