国語

国語
黙読力を身につけよう新着!!

音読の読み方をしっかり指導し、
練習していると、
声を出さなくても、
文章の内容が理解することができるようになってきます。

そして、
黙読をすることができるようになります。

しかし、
それはあくまでも黙読の入り口で、
黙読もトレーニングが必要です。

フラッシュ読み取り
視線を速く動かす練習
はや読み
かたまり読み
目的探し読み……
黙読力は、
入試や、膨大な情報が氾濫する社会を
勝ち抜く力を
子どもに与えてくれます。

音読力と黙読力、
共に大切に育てていきたい力ですね。

続きを読む
国語
音読は子どもの言語感覚を磨く

音読練習を繰り返すと、物語の世界に入り、登場人物になったつもりで物語を感じられるようになります。
音読すると、ことばの組み合わせのすばらしさ、文のつながり具合やリズムのよさに気づきます。
すばらしい文章は、声に出して思いを込めて読んでみたくなります。

続きを読む
国語
国語ができない子どもには、"聞く・話す"に戻ろう

"読めない"子どもに、"読む"ことを強要しても、無理があります。

"読み聞かせ"
"文意や設問の対話形式の問いかけ
という"聞く""話す"を重視したアプローチにより、"読む力"をつけましょう。

いわば、"口頭問答"をやることにより、
わからない文がわかるようになり、
解けなかった問題が解けるようになるはずです。

続きを読む
国語
読解力と精神年齢との関係

子どもの読解力は、子どもの精神年齢に比例し、知識の量に左右されます。日常生活の親子の対話を大切にし、いろいろなテーマを取り上げ、大人のものの考え方を伝え、言葉の量と質を上げていき、子どもに自分の考えを正しく話してもらいましょう。

続きを読む
国語
"書く力"を育てよう

書く力を育てよう
書きたいテーマを見つけ、読んでほしい人を見つけることが、書く力を磨くことにつながります。
まず、自分のことから、徐々に自分から離れたこと
そして、目に見える世界から、徐々に言葉の世界へ
そうすると、書く内容を広がります。
そして、論理的に、読み手の立場を考えて文章を組み立てることができるようになります。

続きを読む
国語
本好きは、読み聞かせから

本好きは、読み聞かせから
本好きにするためには、本との出会いが大切です。
そのきっかけが、親の心のこもった読み聞かせです。
お母さん、お父さんのやさしい声、暖かい声で、本とのよい出会いをたくさん作ってあげましょう。

続きを読む
国語
読み方が、学力の差になっていく

読み方が、学力の差になっていく~
読み方は、自由かもしれません。
しかし、同じ文章を読んでも理解度が大きく違うのも事実です。
その原因は、流し読みです。それは、曖昧さ・読み違えを助長します。
自分勝手な読み方をするのではなく、丁寧読み・要約読みを読書習慣にして、理解力・読解力を身につけ、いろいろな物事を正確に判断でき、素直に考える土台を育てましょう。

続きを読む
国語
新聞のコラムで要約力と社会常識と季節感を

新聞のコラムで要約力と社会常識と季節感を
新聞のコラムは良文が詰まっています。
その良文を読み、まとめる練習は、要約力を高めて、社会常識、季節感を育みます。

続きを読む
国語
漢検を実施しました。

学びスタジオ東大阪瓢箪山教室です。
本日は漢検を実施しました。

続きを読む
国語
「やばい」という言葉は、やばい

「やばい」という言葉は、やばい。
「やばい」という言葉は、いろいろな場面で使えるので、語彙力が乏しくなります。
場面、場面で、いろいろな言葉を使うことが、語彙を豊かにします。
だから、普段の子どもへの声かけでは、いろいろな言葉を使いましょう。
そうすると、子どももいろいろな言葉の使い方を覚え、自然と語彙力が身につくでしょう。

続きを読む