畑で子どもに自給力を①〜世界一肥沃な土壌ウクライナのチェルノーゼムを目指して

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

私は今年から、三重県で農園を作りたいと思って準備しています。

今回は、肥沃な土壌について書きます。

❤︎世界一肥沃な場所

世界一肥沃な土壌は、

ウクライナの黒色土の

"チェルノーゼム"です。

❤︎ウクライナの"チェルノーゼム"はなぜ肥沃なのか

チェルノーゼムの気候は、

乾燥気候と湿潤気候の境界に分布している

ステップ気候です。

チェルノーゼムが分布する地域では、

春に一年草の草が一斉に生え、

夏に乾燥し、

秋に一気冷え、

植物が枯れてしまう。

それが腐って肥料となります。

また雨が少ないため、

中性が保たれ、

土壌の栄養分が流れ出ることがありません。

そのため、

腐敗した土壌が積もりに積もってできた土壌は

非常に栄養分が高く、

黒色になります。

ここでは肥料を与えなくても

農作物の栽培が可能な土壌となりました。

❤︎日本では森ができる

ウクライナでは、

夏の乾燥と秋の寒さで、

植物が枯れ一年草しか生息しませんが、

日本は温暖湿潤気候で

雨が多いため、

植物が完全に枯れず、

多年草が生息してきます。

そして、

多年草が大きくなり、

それが木になり、

森になっていきます。

しかも、

雨は酸性雨なので、

土壌は酸性になります。

❤︎日本で肥料のいらない野菜作りをする

日本で肥料をやらない土壌を作るには、

手を加えて、

日本の土壌を

ウクライナのチェルノーゼムのような状態にします。

そのために、

雑草を活用します。

❶雑草の根を残して、地上部分を刈ります。

❷畝(野菜を育てる部分)をしようとする部分に、通路の部分の土を積み上げます。

❸畝に完熟した堆肥を入れ、耕します。

❹畝の中の根、特に地下茎を取り除きます。

❺畝を平にします。

❻畝の上に、刈った雑草を敷き詰め、地面が太陽に当たらないようにします。

❼残った雑草は、堆肥にします。

❤︎雑草が微生物を活動させる

畝の上に

雑草に被せることで、

土の中の保温効果があり、

堆肥を入れた土の中のでは、

微生物が活動して土を肥沃にしてくれます。

❤︎雑草が水を保存させる

また、

雑草を被せることで、

最も土のダメージを与える

土が乾燥するのを防ぎますし、

水やりも必要なくなります。

❤︎雑草が肥料になる

そして、

雑草が腐食し、

良質な肥料になっていきます。

❤︎まとめ。畑で自給力①〜世界一肥沃な土壌ウクライナのチェルノーゼムを目指して

ウクライナのチェルノーゼムの土壌は、

肥料を与えなくても農作物の栽培できます。

そんな土壌を作るための大切な要素に、

雑草の活躍があります。

雑草が、地中の微生物を活動させ、土を保水し、腐食して肥料になります。

雑草を活用した土壌作りは自然に優しいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。