"オノマトペ"は、楽しく、力強く脳に働きかけ、やる気をアップ

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長・学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、オノマトペについて書きます。

❤︎オノマトペとは、

"オノマトペ(onomatopée)"は、
擬音語・擬態語・擬情語を意味するフランス語です。

擬音語は、声や音を表します。
擬態語は、状態や動作を表します。
擬情語は、心の状態や変化を表します。

いろいろな物事を
音(おん)で表すオノマトペは、
子どもにとっても親しみやすい言葉です。

❤︎日本語のオノマトペ表現の豊富さは世界一

また、
日本語にはオノマトペの表現が多く、
その理由は、
動詞などの語彙が限られていることが原因です。

たとえば、
英語で"見る"は、
see,look,watch,gaze,stare,glance……
いろいろな単語があり、それぞれニュアンスが違います。

一方、日本語では、
"見る"という1語だけです。

そこで、
さまざまなニュアンスを伝えるために
ぼんやり、まじまじ、じろじろ、きょろきょろ、ちらっと……
このようにオノマトペが発達しました。

❤︎オノマトペでやる気アップ

学習を始める前に
オノマトペを使って
行動をシミュレーションすると、
脳の線条体(やる気を司る部位)の活動が
高まりやすくなることが明らかになっています。

たとえば、
学習の前に
「これからピーンと背筋を伸ばして、
サッと机に向かい、
うきうきした気持ちで
新しいことを学び、
ばりばり問題を解きます。
そしたら、
どんどん頭が良くなります。」

オノマトペを使うと、楽しくなりますね。

❤︎オノマトペで効果が高まる

オノマトペは動作と一緒に言ったり、
イメージを頭の中で思い浮かべたり、
心をこめて言ったりすると、
より効果が高まります。

たとえば、
正解したとき、
手で丸を作って、
ニコニコして「ピンポン」と言われたら、
すごく嬉しいですね。

また、
音と動作を連動させることで、
記憶に残りやすくもなります。

❤︎オノマトペで表現力を育てる

子どもに、
たくさんオノマトペを使って話しかけてあげましょう。

楽しいオノマトペは、
子どもの感情が豊かにします。

また、
子どもにもオノマトペを使うように促しましょう。

オノマトペの音を頭の中で考えるだけでも、
楽しくなります。

そして、
豊かな表現力を育っていきます。

❤︎まとめ。"オノマトペ"は、楽しく、力強く脳に働きかけ、やる気をアップ

日本語は“オノマトペ"が世界一豊富です。
楽しい響きが、やる気をアップさせ、
豊かな響きが、表現力をアップさせます。
また、
リズムに合わせて、
子どもの細やかな感情を育てやすくなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。