"Yes,but"よりも"Yes,and"がいい

こんにちは、学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

学びスタジオブログ

今回も、ポジティブな言葉について書きます。

❤︎ネガティブうさぎ

よく、

ネガティブな言葉を言ってくるうさぎが

ささやきます。

そんな時は、

「でも、……」

でしたね。

❤︎励ます言葉をささやくポジティブうさぎ

「大丈夫、やればできるよ!」の

励ましうさぎ

「よくやっているよ」の

ほめうさぎ

「マイペース、マイペース」の

マイペースうさぎ……

自分を元気づけてくれたり、

安心させてくれるようなウサギを、

自由な発想でイメージします。

❤︎ポジティブな感情の子ども

夢のような話をするとき、

子どもの心はポジティブな感情で

満ちあふれています。

❤︎ポジティブな感情に足を引っ張る"Yes,but"

ところが、

親はつい現実的に考え、

「さすがにそれは無理……」

と水を差してしまうことがあります。

また、

「それは素晴らしいアイデアだね。でも……」

といったんは肯定しつつ、

実現の可能性が低いなどの理由で

結局は否定する言い方"Yes, but(そうだね、でもね)"は、

子どもの感情の足を引っ張り、

をネガティブにします。

❤︎"Yes, and"の心を大切に

自由な発想やアイデアを

途切れさせないよう、

"Yes, and(そうだね、それで)……"と、

もっとその発想を深めていくような問いかけをします。

子どもに対しても、

「それで、どんなことができるの?」

「それはどうしたら実現できるの?」

というポジティブなコミュニケーションをとることで、

創造力を前向きに伸ばしていくことができます。

❤︎まとめ。"Yes,but"と"Yes,and"

言葉は言霊です。

言葉がその人をつくり、

そしてその人に返ってきます。

ポジティブ言葉はプラスのエネルギーを。

ネガティブ言葉はマイナスのエネルギーを集めてきます。

だからこそ、

子どもにポジティブ言葉を使えるように、

"Yes,but"でブレーキをかけず、

"Yes,and"でギアをトップに入れてあげましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。