"小4の壁"はチャンス!

学びスタジオブログ

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室・学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の塾長の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

中学受験を本格的な開始する学年は、小学4年生です。

一方で、

勉強につまづきやすい学年は、小学4年生で、これを"小4の壁"と言われるのをご存知ですか。

今回は、"小4の壁"について書きます。

❤︎小学4年になると変わってくること

❶反抗期に突入

反抗期に突入する子どもいます。

親の価値観の中の生活に、

自分の価値観が芽生え、

自我を意識します。

色々と悩みが増えてきて、

感情が爆発し始めます。

❷子どもらしさが薄れる

他者との違いを強く意識するようになります。

子どもの"やんちゃさ"から

徐々に大人の"おとなしさ"への階段を上り始める年頃です。

ありのままの自分を出すような、

ストレートな表現を抑えるようになってきます。

❸抽象的な学習が増える

学習面では、

小数、分数など、

ぱっと見てすぐにイメージできず、

答えを導き出せない単元を学ぶようになります。

抽象的な学問に触れることに、あれ?

自分の心の変化で、あれ?

あれ?が増え、

将来に対して不安を感じたり、

優秀なクラスメイトに対して劣等感を抱いたりします。

自信を持てない場合は、

"勉強が得意ではない"

と強く感じるようになり、

やる気が出てこなくなります。

❤︎学力の差が大きくなる"小4の壁"

その一方で、

低学年の頃からコツコツ真面目に勉強してきた子どもは、

テストでも、変わらず高得点を取ることができます。

小学4年生を境に学力差が目立つようになるのは、

精神面での変化と

勉強内容のレベルアップが

絡み合い、

伸びる子と伸び悩む子の差が目立つようになってきます。

それでは、

❤︎"小4の壁"を飛躍の学年にするには 

❶得意を一つ作ること

"得意なこと"は、

勉強以外の

図工でも、

体育でも、

人前で話すことでも…

どんなことでもOKです。

親としては、

得意なことが勉強以外で

「こんなことができてもな…」と思っても、

子どもの得意なことを認めてあげましょう。

一つでも得意なことがあれば、

それが大きな自信となり、

難題に直面しても乗り越えられる原動力となっていきます。

❷勉強に取り組む姿勢を養う

小学生低学年から、

基本的な学力を身につけるように、

毎日少しずつから家庭学習をさせましょう。

その時、

そばにいて、

ニコニコしながら子どもの様子を見守りましょう。

教材でおすすめは、四谷大塚のジュニア予習シリーズのホームワークです。

学力の基礎固めをする日常の地道な努力を、

大切にしてほしいと思います。

❸学び直し

これまで学習した内容があやしい場合は、

つまづいた学年や単元まで戻って復習をすることも大切です。

学力の"穴"があると土台が強固にならず、

学年が上がっていくとどこかでボロボロと壊れていきます。

この場合も、四谷大塚こジュニア予習シリーズの教材がしっかりとサポートしてくれます。

❤︎まとめ。"小4の壁"はチャンス!

何か得意持っている"自信"

地道な努力を重ねた"基礎学力"

この2本の柱があれば、

"小4の壁"が立ちはだかっても、

乗り越えて、

自分の能力を発揮できるようになるでしょう。

たとえ、

"基礎学力"が不足していても、

"学び直し"をすれば大丈夫です。

少し時間はかかりますが、

"基礎学力"を身につけるための地味な努力をゆっくり見守ってあげましょう。

そして、

子どもは、ゆっくり"基礎学力"を身につけて、

"壁"を自分の力で乗り越え、

それを自信に変えていくでしょう!

このように、

"小4の壁"は、

"自信"を与え、

"基礎学力"を見直すチャンスを与えてくれます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。