子どもは"にんじんきゅうり"!自立を急ぐことはない!

こんにちは、学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の奧川えつひろです。

ご訪問いただきありがとうございます。

学びスタジオ®東大阪瓢箪山ブログ

今回は、子どもの愛着と自立について書きます。

❤︎愛着について

愛着とは、

"慣れ親しんだ物事に深く心を引かれ、

離れがたく感じる"

ことを言います。

❤︎密接な関係を築く

赤ちゃんが、

お母さんに抱っこしてもらったり、

ミルクを飲ませてもらったり……

といったやりとりを通して、

赤ちゃんとお母さんは、

お互いへの愛着を

より一層深めていきます。

この密接な関係を築いていくことで、

赤ちゃんは情緒豊かに

のびのびと育っていくようになります。

❤︎どのような愛着行動をとるか?

愛着行動とは、

生後6か月頃から2歳頃まで活発に現れます。

愛着行動には、

3種類の行動があります。

❶発信行動

泣いたり、

ぐずったり、

微笑んだり、

お母さんをジッとみつめたり……

❷定位行動

お母さんの行動を目で追いかけたり、

お母さんの声がした方を向いてお母さんを探すような仕草を見せたり、

接近したり……

❸能動的身体接触行動

お母さんにしがみついたり、

抱きついたり、

よじ登ったり、

親に触れる行動です。

❤︎愛着行動の4段階

(人親求離・にんじんきゅうり)

❶人に反応

生まれた時から8~12週頃まで続きます。

無差別に周囲の人間に対して

興味を持ち働きかける段階です。

❷親(特にお母さん)に反応

生後6カ月頃まで続きます。

お母さんの見分けがつくようになり、

お母さんに対する分化した反応が見られます。

❸親を求める

2歳〜3歳ごろ。

親とその他を区別する能力は確固たるものとなります。

親のそばが安全基地になります。

逆に、

見知らぬ人に対しては

警戒したり不安を感じるようになります。

❹親から離れることができる

早くて2歳、多くは3歳ぐらい。

親の愛着が子どもの心の中に確立される。

"安全空間"という気持ちが作られ、

親がいなくても、

情緒的な安定を保てるようになる段階です。

お母さんが考えていることや目的、行動などが

洞察できるようになると、

母子間に協調性という関係を

発達させる基礎が形成されるようになります。

❤︎もし愛着関係が形成されなかったら?

幼児期に、

お母さんと十分にコミュニケーションが取れず、

絆を確立することができない場合、

癇癪を起こす

怒りやすい

乱暴

わがまま

いじめをする

おねしょ爪を噛む……

といった行為が見られます。

また、

自尊心が低く、

相手の立場に立って考えることができにくくなります。

他者との新たな愛着の形成が

苦手になってしまいます。

また、

孤児院で育つ子どもたちは、

死亡率が高く、

発達も遅れている

との指摘もされています。

❤︎まとめ。子どもに"にんじんきゅうり"!自立を急ぐことはない!

子どもが

すくすくと健全に成長していくために、

愛着をしっかり形成することは

非常に大切です。

愛着の発達段階は

"人親求離(にんじんきゅうり)"

の4段階です。

子どもに十分な愛情を注いであげましょう。

勉強も同じです。

たっぷりと教えてもらって、

学ぶことが好きになるからこそ

初めて、

自分で学ぶことができるのだと思います。

だから、

自立学習から始めるのではなく、

ていねいに教えることから始めることが大切だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。