指先が器用だとやる気がでる!

こんにちは、学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

学びスタジオ®東大阪瓢箪山教室ブログ

今回は、巧緻性について書きます。

小学受験はで、

手先の器用さを問われる巧緻性(こうちせい)のテストがあります。

なぜこのようなテストが行われるのでしょうか?

❤︎巧緻性とは

"巧緻"とは、

精巧で緻密なことです。

そして"巧緻性"とは、

一般的に指先の器用さのことです。

❤︎指先は、”第2の脳

人がほかの高等哺乳類と決定的に違うのは、

10本の指を自在に操ることができるということです。

指先にはたくさんの神経が集まり、

脳に直結しています。

そのため、

指先は,、

”脳のアンテナ”

”第2の脳”

と呼ばれます。

その指先の働きをよくすれば、

脳を活性化させることができます。

そのために、

指先へのさまざまな刺激を与えること、

巧緻性を鍛えていくことが重要です。

❤︎巧緻性が高いことの効果

巧緻性の成績が上位だった子どもは、
漢字練習
計算練習
リコーダー
習字
裁縫
工作
この6つの学習について好きの程度が高い傾向にあると言われます。

これは、
手指の巧緻性が、
手指を使う学習・

繰り返しを要する学習への好き・

嫌いに影響し、

種々の学習への取り組み方と関連しているといくことです。

❤︎繰り返しが好き、基本的学力を身につく

手先が器用な子ほど
裁縫や工作を好むのは自然といえますが、

それに加えて、

漢字練習や計算練習の繰り返しの学習に対しても

苦にならない傾向にあります。

したがって、

漢字力、計算力といった基礎的な学力を

身につけやすいということになります。

❤︎集中力が育つ

また、
工作をはじめとした巧緻性を養う学習は、

子どもに集中力を養います。

指先で部品をつまんだり、
紙を丁寧に折ったり。

このような動作には、

目の前の対象物を見極め、

自分の指先に意識をやることが要求されます。

これらを繰り返すうちに集中力が育つことになります。

❤︎脳によい指先の運動とは

両手を同時に使う
指をすばやく動かす
ふだん使わない指を動かす
イメージ通りに指を動かす
このような運動です。

❤︎巧緻性を育てるには

小さき子どもには、
日常生活の動きの中で指先を鍛えましょう。
箸やスプーンをもったり、

ボタンをかけてり、ジッパーの上げ下げ、ペットボトルのフタを閉めたり……
また、お手伝いもしてもらいましょう。

あやとり
折り紙
書道
ピアノ
そろばん
字を丁寧に書くこと……

❤︎灘校では、折り紙の授業がある

灘校では、

数学の図形の問題を、

作図をせずに、

折り紙で解くという授業があります。
当然、

指先の巧緻性も必要になりますね。

❤︎まとめ。指先が器用だとやる気がでる!

指先は”第2の脳”

指先が器用になると、

自分でいろいろなものが作れるようりなります。

そして、

自分で作ったものが一つできたら、

もっと作りたい気持ちになります。

どんどん自分の指先で作っていきます。

この、指先の巧緻性を鍛えることが、

やる気、集中力、忍耐力をアップさせます。

私の塾では、

そろばんを指導しています。

そろばんのお稽古をしている子どもの指の動き、集中力をすごいですよ。

学びスタジオ®東大阪瓢箪山教室ブログ

何よりも、

自分の指を使って作れる、できることが

子どもにとって楽しいのだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。