“ポジティブな信念"は、2歳までの親の接し方で決まる?

学びスタジオブログ

新年あけましておめでとうございます。
学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の奧川えつひろです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年に因んで"信念"について書きます。

❤︎"信念"とは

"信念"とは、
心の奥深くに根ざしている確信で、
自分自身と人間関係に対して、

正しいと信じている考え方です。

❤︎多くの"信念"は、0歳に生まれる

多くの信念が
0歳のうちに親の接し方によって生まれます。

ポジティブな信念と
ネガティブな信念の
両方を持つようになります。

❤︎ポジティブな信念

親に受け入れられ、
愛されていると感じる状況では、
「私は大丈夫!」
というようなポジティブな信念が生まれ、
その信念は人を強くしてくれます。

❤︎ネガティブな信念

親から否定されることが多い状況では、
「私はダメだ!」
というようなネガティブな信念が生まれ、
その信念が人を弱らせてしまいます。

❤︎ネガティブな信念から生まれる"自己防衛"

悲しみや不安、
孤独感、寄る辺なさ、
怒り…
心に負担のかかる感情を持つようになります。

その感情を感じないようにするために、
人を避けたり、
完璧主義に陥ったり、
権力志向になったり
と"自己防衛"をとるようになります。

❤︎2歳までの経験が特に"信念"に影響

こうしたポジティブな信念とネガティブな信念は、
脳の構造がほぼ完成する6歳までに、
かなりでき上がります。

だから、
生まれて6年間は、
人間の成長にとって非常に重要です。

そして、
"信念"に特に影響するのが2歳までの経験です。

❤︎親の接し方が子どもの人生の青写真

親が子どもにどのように接したかは、
その後の人生における人間関係の青写真になります。

つまり、
親との関わりから
自分自身や人間関係に対する考え方
つまり
自己肯定感と他者に対する信頼感が生まれます。

❤︎赤ちゃんは、「自分がダメだ」と感じている

生まれてきたばかりの赤ちゃんは小さくて裸で、

まったく無防備な状態です。

そのため、
赤ちゃんにとって、
自分を受け入れてくれる人がいるかいないかは、
命に関わる重大なことです。

生まれた直後はもちろん、
その後も長期間、
自分が劣っていて依存している存在だ
と思いながら生活を送っていきます。

それゆえ、赤ちゃんは
「自分はダメだ」というネガティブな信念を持ちます。

❤︎親から拒まれ、「自分はダメだ」と感じる

また、
子どもに愛情をたっぷり注ぐ親でも、
子どもの願望を必要な場合は拒まなければなりません。

例えば、
歩けるようになる1歳のころには、
子どもは親から
いろいろな行動を禁じられたり、
制限されたりします。

たとえば、
おもちゃを壊さない、
花瓶に触れてはダメ、
食べ物で遊ばない……

子どもは、
そのたびに自分が何か間違ったことをしてしまったと感じ、
なんとなく「自分はダメだ」と思うようになります。

❤︎子どもにとって、親は偉大な存在

幼い子どもは、
親の行動の良し悪しを判断できません。
幼い子どもにとって、
親は間違ったことをしない完璧で偉大な存在です。

❤︎子どもにとって、つらい親の接し方

子どもにとってつらい経験は、
親が子どもの教育や世話を重荷に感じ、
子どもを怒鳴りつけたり、
ほったらかしにしたりする場合です。

たとえば、
親に怒鳴りつけたときに、

子どもは、
怒鳴りつけられたのは「自分がダメな子だからだ」と思います。

自分はしかられていて、
自分が悪い、
間違っているとしか感じません。

❤︎2歳までの親の接し方で愛情を感じる

誕生後の2年間は、
親の行動に頼るしかない時期なので、
この時期に

基本的信頼感または基本的不信感が生まれます。

この2年間で感じたことによって、
自分が基本的に愛されているのかどうか
を感じ取ります。

この時期の子どもへ接し方は、

身体のケアです。
食べ物を食べさせ、
身体を洗い、
おむつを替えるといった
身体のケアで始まります。

❤︎親の接し方で、大切なこと

この身体ケアでとても大切なのは、
"なでること"です。

子どもは、
親のなで方やまなざし、
声のトーンから、
自分がこの世界で歓迎されているかどうかを感じ取っていきます。

❤︎2歳までの無意識の思い出

この歓迎されているかどうかの基本的信頼感は、
無意識の中に保存されているため、
自分では思い出すことができません。

無意識の中に保存されているがゆえに、

大切で、信念に大きな影響を与えるのです。

❤︎基本的信頼感が育つと

基本的信頼感が育まれた子どもは、

ポジティブな信念を持ち、
意識の深いところで、
親に対する信頼感だけでなく、
自分自身に対する信頼感も持っています。

これは、
親以外の他者を信頼するための前提条件になります。

❤︎まとめ。"ポジティブな信念"は、2歳までの親の接し方で決まる?

生まれたばかりの子どもは、
何も出来ず、
ネガティブな信念を感じ、

1歳になった子どもは、
未熟なので親から行動制限を受け、
さらにネガティブな信念を感じます。

ネガティブな信念から子どもを救い出すのが、
親の愛情ある接し方です。
子どもを優しく"なでる"ことです。
親のなで方やまなざし、
声のトーンから、
自分がこの世界で歓迎されているという
ポジティブな信念を感じ取っていきます。

この2歳までに感じた
ネガティブな信念とポジティブな信念は思い出せませんが、
この無意識のポジティブな信念が、
やがて、

自己肯定感や他人への信頼感につながっていきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。