"知る"ことと"ありがとう"

学びスタジオブログ

こんにちは、学びスタジオ®︎東大阪瓢箪山教室の塾長の奧川えつひろです。

今回は、子どもの心と頭の栄養について書きます。

❤︎子どもを大切にする?

子どもは、

親から見れば、

まだ頼りなくて、

一人では何もさせられないから、

なんでも面倒を見ることが、

子どもを大切にしていることだと思います。

❤︎親のマネをしたがる

しかし

3歳になれば、

少しずつ器用になってきます。

お母さんが家事をしていると、

それをお手伝いをしたがります。

でも、

危ないし、

時間がかかるし、

うまく出来ず、

二度手間になるから、

子どもの気持ちを別の物事でそらして、

結局、ママがひとりでやってしまいます。

❤︎子どもが可愛いと思う2つの問題点

❶子どもの気持ちを曖昧にする

子どもが自主的にやろうと思っていることに対して、

その気持ちを曖昧にしてしまうことです。

そして、

これが続くと、

子どもから、

この自主性は出てこなくなります。

❷感謝を云う機会を失う

お手伝いをしてくれて「ありがとう」

という機会を失うことです。

親からの感謝の気持ちは、

お子様にとっての最高の贈り物です。

それは、

子どもの自己肯定感を

どんどんと強めることが出来ます。

❤︎子どもにお手伝いを

事情が許す限り、

お手伝いやいろいろなことを

どんどんやってもらって、

たくさんの「ありがとう」の言葉を

かけてあげることが大切です。

それが、

自主性をどんどん育てていくことになります。

❤︎知りたがり

また、

子どもは、

いろいろなことを知りたがります。

"知ること"で、

好奇心を満たしていきます。

いろいろなことを質問します。

3歳ぐらいから、

文字にも興味を示し、

少しづつ読めるようになってきます。

❤︎"聞いて知る"から、"学んで知る"

"人に聞いて知る"ことから、

"学んで知る"ことができるようになります。

この時期から、

少しずつ、読んだり・書いたりすることで

知ることが出きるようになります。

❤︎自分で知る達成感

自分の力で知ることが出来るようになると、

達成感が強くなり、

楽しくなり、

もっと「知りたい」

という気持ちを強めることが出来ます。

「知りたい」という気持ちを、

「自ら学ぶ」ことで満たされていきます。

❤︎脳への栄養

脳は6歳までに大人の9割程度出来上がります。

赤ちゃんから6歳までの脳の急速な成長期には、

脳に質のいい栄養を与えることが大切だと言われています。

その栄養とは、

心には、「ありがとう」の言葉を聞くこと、

頭には、好奇心を満たすたくさんの体験と知識です。

❤︎まとめ。心には「ありがとう」を、頭にはたくさんの"知る悦び"を

子どもたちが、

成長とともに、

だんだんと器用になってきます。

お手伝いをしたがります。

何でも自分でやりたがります。

親は手を出さず、見守り、

どんどんしてもらいましょう。

そのポジティブな体験から、

子どもたちは、

いろいろな知識を吸収し、

"知る悦び"を感じます。

そして、

「ありがとう」

とほめてあげましょう。

悦びが増殖し、

もっと知りたいと意欲が湧きます。

たくさんの好奇心を満たす体験を通じて、

頭には、"知る悦び"

心には、"ありがとう"

という栄養を与えてあげましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。