表裏のない子どもは伸びる

四谷学びスタジオ東大阪瓢箪山教室

こんにちは、東大阪市瓢箪山にある個別指導塾 四谷学びスタジオ東大阪瓢箪山教室の塾長の奧川えつひろです。

子どもにとり、表裏なく、自分をありのまま出せることは、非常に大切なことですね。

子どもが裏表なく自分を出せる場所、

そこは、居心地がよく、

自分の存在を感じられ、

自分の居場所だと感じられる空間です。

今回は、裏表なく、本当の自分を見せることについて書きます。

裏表が出る原因は、

親や周りの大人がどのように振る舞い、

子どもをどう扱うか、

特に、どのように叱るか、

によります。

❤︎人前でしかるときと、個人的にしかるときとで、裏表がある

人前では、丁寧に振る舞い、

個別には、雑な振る舞いをする。

たとえば、

人前では、穏やかに「そんなことしてはいけませんよ」

子ども一人のときは、大声で「コラーッ!いい加減にしろーッ!」

❤︎自分の体裁を考えて行動する

場面によって、大人が態度をかえると、

子どもは、

"しかる"ことより、"自分の体裁を守ることが大事なんだな"と感じ、

それでいいんだと思うようになります。

子どもも、場面によって、行動を変え、

必要以上に体裁を考えるようになります。

❤︎言うことを聞かなくなる

そうなると、

叱られても、

「また、大人は体裁を気にしているのだ」と思い、言うことを聞かなくなります。

つまり、

言われたことを、素直に聞けなくなります。

❤︎あと後で、ぶり返して小言を言う

子どもが行動している時は、注意をせず、

時間が経過した後から、叱る。

これは、「時すでに遅し」です。

子どもには、タイミングを逃さないことです。

なぜなら、

時間が経てば、子どもは自分の行動を覚えていないことが多いからです。

❤︎また、言うことを聞かなくなる

理由のわからないことで叱られる

「なぜ、叱られているのかがわからない」

子どもはそれに嫌気が差し、

叱っても、言うことをきかなくなってきます。

❤︎感情に任せて怒る

感情をあらわした言葉は、

いわば「脅し」と同じです。

これは、子どもを傷つけるだけです。

❤︎おだてながらに叱る

怒りを子どもにぶつけるのを避けすぎて、

必要以上に子供をおだて、

遠まわりに叱る。

「○○ちゃんは偉い子だよね、偉い子だったら、そんなこと言わないよね」

遠まわりに叱ると、

子どもは、やりたいことを抑えるようになります。

❤︎まとめ。裏表のない感情が子どもを伸ばす

場面、場面で態度を変えられたり、

後になって叱られたり、

感情に怒られたり、

間接的に叱られたり、

このような行動の意味は、

子どもには、大人が思うほど理解できません。

このような行動を繰り返して体験すると、

条件反射的に、

子どもも同じ行動をするようになります。

つまり、

裏表のある行動をとるようになったり、

人の前では、本当の自分を見せなくなります。

ですから、

叱る時は、

その場で、遠回りをせずに、簡潔に叱り、

「どうしたらよかったのか?」

子どもと話し、考えさせることに時間をかけることが大切です。

裏表のない性格を作ることと

裏表のない空間を作ることが

子どもの成長をを素直に伸ばす大切なことです。

子どもの裏表に大きく作用する、

叱り方(なぜ、ダメで、どうしたらよいかを考えさせることを伝える言葉)は、

親や先生、大人が、子育てにおいて、常に考えていなければいけない、大切なことですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。