テストの意味と四谷大塚の"全国統一小学生テスト"

こんにちは、学びスタジオ®︎ 四谷・東大阪瓢箪山教室の奥川えつひろです。

四谷大塚が主催する"全国統一小学生テスト"がいよいよ次の水曜日に実施されます。

この"全国統一小学生テスト"は15万人以上の小学生が受験します。

11月はじめは、「学力の全国大会」というイメージができあがりつつあるように思います。

さて、今回は、小学生のテストの目的について書きます。

❤︎志望校判定のための模試テストの目的

四谷大塚が行っているテストでは、

"合不合判定テスト"

"志望校判定テスト"があります。

これらのテストは、

現状の学力を測り、試すということ目的で、

結果を分析し、

志望校を決めたり、合格するために

その後の学習指針を決めるのに役立ちます。

❤︎"週のテスト"の目的

四谷大塚には、"週テスト"、があります。

小学生にとってのこのテストは、

❶"短期的な目標"であり、

❷"がんばった成果を試すための練習試合"であり、

さらには

❸"真剣に問題に取り組むことで定着を図るためのツール"

でもあります。

また、

❹"より難度の高い問題を自分で解ける"ように考える力を鍛えます。

❤︎"週テスト"は、"勉強習慣"を育てる

週テストを受けることそのものが

"学習内容の定着"につながり、

直接的に学力向上と成績向上につながります。

そして、

毎日の勉強をしっかりする目的を与え、

勉強に向かうモチベーションを高め、

勉強に集中することができます。

つまり、

"学習習慣"を育てます

この"学習習慣"は大人になっても、必要な習慣です。

❤︎"週テスト"の結果はすぐにフィードバック

週テストを受けて数時間後

まだ、受けた感覚が残っている短時間で

結果がフィードバックされます。

結果には、

答案の成否・得点・偏差値・復習が必要な単元

が記されていて、

その日のうちに、

週テストの復習して、1週間の勉強の振り返りができます。

この振り返りも大切な習慣です。

さて、

❤︎"全国統一小学生テスト"について

出題範囲は多岐に渡り、

受験される子どもの学習状況や家庭環境も様々です。

この"全国統一小学生テスト"の目的は、

❶"今の実力を測る"ことができること

❷"勉強するきっかけ"を作ることができること

それから、

❸テストを好きにすること

❤︎ワクワクした気持ちで"全国統一小学生テスト"を迎えるために

もちろん、

テストですから遊びに行くのと同じようにはいきませんが、

運動会などと同じようにイベントを迎えと、

子どもは"ワクワク感"をもちます。

大きなテストをひとつの"イベント"ととらえるて、心待ちにしていると、

テストで実力が発揮できる、いわゆる"本番に強い"タイプになります。

❤︎ 全国統一小学生テストの後の夕食は、『ガンバってテストを受けたパーティー』

例えば、

『11月3日の全国統一小学生テスト、楽しみだね。

その日の夜は"ガンバってテストを受けたパーティー"にして、好きなのを食べて、乾杯もしようね!』と

こんな親の言葉が、

テストの日を心待ちにする気持ちを持たせます。

❤︎まとめ。テストはイベント

イベントには、"わくわく感"があります。

親の演出により、テストもイベントのようになります。

11月3日の四谷大塚の"全国統一小学生テスト"を一つのイベントにしましょう。

子どもが、テストもイベントと考えるようになれば、「やるぞー」という気持ちで、テストも好きになれます。

また、

テストについて、子どもと話し合い、勉強に取り組むきっかけにもなります。

このように、

四谷大塚の"全国統一小学生テスト"は、

子どもをテスト好きにする

勉強に向き合い、考え、取り組む

この2つのきっかけを与えてくれますね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。