算数は現場主義で、知識をアップデートし、粘り強さを磨く

学びスタジオブログ

こんにちは、学びスタジオ®︎代表の奧川えつひろです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、現場主義について書きます。

❤︎現場主義とは

現場主義とは、

実際に行われている場所で、

実行の中から生じる問題点を捉えて、

それを改善し、質の向上を計ることです。

子どもにとって教室は現場です。

勉強も、

テストを受けることも現場です。

❤︎算数学習の現場主義

算数の学習の現場主義とは、

①計算力を徹底的に磨くことで、数字感覚をつかでいくとこと

②問題の設問を正しく理解していくこと

③図形をイメージすること

これらは算数学習のポイントでもあります。

❤︎算数の現場主義①計算を繰り返す

いろいろな計算を繰り返していると、

数と計算の感覚がどんどん身についてきます。

❤︎算数の現場②主語を表す助詞"は"を大切に読む

算数が苦手な子どもたちは、

問題文の内容を正確につかめていないことがほとんどです。

だから、

設問で述べられている条件や

求めたいものを

図式に描いて理解することが大切です。

その際、

主語を大切に読むのがポイントです。

❤︎整数の文章問題

2桁の整数Aがあります。

この整数の各位の数の和は12で、

十の位と一の位を入れ替えた整数Bは整数Aより36大きいそうです。

このとき整数Aを求めなさい。

❤︎主語に注目する

文章問題は、

主語を表す助詞"は"に注目をします。

日本語での"は"は、

数学では=(イコール)の役割をします。

そのため、

まずは問題を読みながら"は"が出てきたところに丸を付けます。

丸をした左側が方程式の左辺、

右側が右辺になることが決まります。

この問題では

「この整数の各位の数の和“は”12」、

「十の位と一の位を入れ替えた整数B“は”整数Aより36大きい」となります。

整数Aの十の位を○、一の位を□とすると、

「○+□=12」、

「10×□+○=10×□+○+36」となります。

問題文に書かれていることを正確に理解し、

正しく推論と計算をしていけば

誰でも解答にたどり着けます。

❤︎算数の現場主義③図形を具体的にイメージする

図形問題は、

公式を覚えて当てはめるだけでは、

基本問題は解けても、

応用問題となると解けません。

平面や立体の図を

具体的にイメージしながら、

どうすれば求めたい値にたどり着けるか

を考えていくことで

算数的な思考力、応用力が伸びていきます。

❤︎平行四辺形を長方形に変える

平行四辺形の面積の公式は、「底辺×高さ」です。

しかし、

内角の大きい一つの角から垂直に補助線を1本引いて、

できた三角形を反対側に移動させると、

長方形になります。

こうすれば、

平行四辺形の面積を求める公式を知らなくても、

長方形の面積の公式の縦×横で面積を割り出せます。

図形を頭のなかで描いたり動かし、

自分がもっている知識を組み合わせて

対応していけるようになります。

❤︎算数の現場主義④図形の証明問題は等しいを書き込む

「何を書けばよいのか分からない」のが証明問題です。

証明問題に取り組むときは、

問題を読みながら、

長さが等しい辺や大きさが等しい角を

図に書き込みます。

問題を図に再現するため、

図とにらめっこをして書き込み、

確認していきます。

そうすることによって解決策が見えてきます。

そして、

証明を書き始めることができるようになります。

1つでも2つでも書き始めることで

ほかにも書けることはないかと前向きな姿勢に変わっていきます。

❤︎まとめ。算数の現場主義で、知識をアップデートし、粘り強さを磨く

子どもにとり、教室・勉強・テストは現場です。

算数の現場主義は、

①計算力を徹底的に磨いていくこと

②問題の設問を正しく理解していくこと

③図形をイメージすること

たとえ、公式を知らなくても

今持っている知識を最大限利用して考えてぬく姿勢は、知識をアップデートし、粘り強さを磨きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。